健康的な便とは?

便のチェック

便は健康状態を知る上で非常に重要な存在です。健康的なうんちかどうかを知るためには、色や形、匂いなどを毎回チェックするといいでしょう。
\便秘中の間は、カチカチだったり、小さかったり、細長かったり、異常に臭かったり、明らかに「腸内環境の悪化」を表しています。
しかし、腸内環境が改善されていくと次第に便が変わっていきます。一体どのような便が健康的な便なのでしょうか?

健康的な便の見分け方

健康的な便の見分け方は簡単です。色、形、ニオイ、排便の時間などで判断出来ます。

健康的な便の色とは?

健康的なうんちの色は「黄色~黄色がかった褐色」です。
健康的な腸は、乳酸菌などの働きなどによって弱酸性に保たれるので、それによって便が黄色っぽくなります。逆にアルカリ性に近づくと黒褐色などの濃い色になってしまいます。

健康的な便の形とは?

便秘中だと「コロコロ、カチカチ」のウサギのフンにような硬い便出ることがあります。なぜこのような便が出るかと言うと、便に含まれる「水分」が通常より少なくなっている状態なのです。このような不健康な便だと硬くて肛門を傷つけ、切れ痔などに発展してしまうこともあるんのです。
よく良い便を例える時に、「バナナ状」とよく言われますが、このようなバナナ状の便は水分量が70~80%も含まれます。

健康的な便のニオイとは?

便秘中の便のニオイってかなりキツイですよね。
多くの人が経験していると思います。便だけでなくおならも臭くなり、酷くなると口臭や体臭までキツくなってしまいます。
実は便が健康だと、ニオイはあまりしません。無臭ではないですが、鼻をつくようなニオイではないのです。健康な赤ちゃんくらいになると、ヨーグルトのような「発酵」した甘酸っぱいようなニオイがします。
事実、善玉菌が多い腸では「発酵」が行われ、悪玉菌が多い腸では「腐敗」が起こります。この「腐敗」がおならや便の強烈なニオイを作ってしまうのです。

健康的な便は短時間で「スルリ」と出ます!

健康的な便は、トイレで長々と唸らなくても、「スルリ」と出てくれます。1分もかからない程です。このような便は水分量と空気の含有量が適度な為に「水に浮き」ます。そして水に入った時に少しほぐれるような感じになります。
もちろん肛門を傷つけるようなことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>