妊娠中は骨がもろくなる!?

カルシウム

カルシウムといえば、骨の形成に欠かせないも大事な栄養素です。成長期の子供たちは、毎日しっかりとカルシウムを摂ることが大切ですが、妊婦さんにとっても、カルシウムを毎日の食事で意識して摂ることがとても重要になってきます。なぜかというと、妊娠中カルシウムが特に不足しやすいからです。

妊娠中は自分もお腹の中の赤ちゃんにもカルシウムが必要

妊娠中は自分の骨をつくる他に、お腹の中の赤ちゃんの体を作るためにカルシウムが必要です。もし、そのカルシウムが不足してしまうと、赤ちゃんは妊娠中のお母さんの骨からカルシウムを吸収して成長します。その結果、妊娠を境に骨がもろくなったり、虫歯になりやすくなったり、ということになってしまいます。将来骨粗しょう症の危険も出てくるので、注意が必要です。

なので、妊娠中は特に意識してカルシウムを摂るようにしましょう。いろいろな食品かバランスよく摂ることが大切ですが、食事からとったカルシウムが全て骨になるわけではなりません。うまく骨に吸収されないと、意味がないんです。ここで、注目したい食品が、発酵食品の納豆です。「え、納豆!?」と思われる方もいるかもしれませんが、納豆は骨を強くする上で、とっても良い食品なんです。

納豆は骨とカルシウムをしっかりと結合させる

納豆にはビタミンKがたくさん含まれています。この栄養素は骨とカルシウムをしっかりと結合させる働きがあり、骨や歯を強くする上で欠かせません。このビタミンKは元の大豆には含まれておらず、発酵によって作られた栄養素です。納豆に含まれるビタミンKの量は他の発酵食品と比べて、およそ100倍!納豆をよく食べる地域では骨粗しょう症が少ないと言われています。

また、納豆は発酵する前の大豆と比べて、赤ちゃんが体を作る上で必要なビタミンB2が6倍、DNAの合成や赤血球を作るのに必要な葉酸が3倍含まれています。葉酸は細胞分化が盛んな胎児にとって特に大切な栄養素です。ビタミンB2や葉酸をしっかり取ると、流産や早産にもなりにくくなります。納豆は妊婦さんと赤ちゃん体を作る上で、強い味方になってくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>