妊婦を悩ませる「口臭」

妊娠中の口臭

妊娠中はホルモンバランスの変化によってさまざまな症状が現れますよね。口の中も例外ではありません。
虫歯になりやすくなるだけでなく、口臭も発生しやすくなります。ですが、ひとくちに口臭といっても、妊娠中の口臭の原因は本当にたくさんあります。

妊娠中の口臭トラブルの原因は?

妊娠中の口臭トラブルの原因をいくつか紹介します。

【原因1】口内トラブルによるもの

妊娠するとホルモンバランスの変化により、口腔環境も変わります。おもなものは唾液の成分や量。極端に少なくなったり、増えたりします。
唾液が少なくなると、口の中の汚れが洗い流されにくく、雑菌が繁殖しやすくなります。また、人によっては唾液の成分が従来のアルカリ性から酸性に近づく人もいます。酸性の唾液は歯のカルシウムを溶かしてしまいます。
どちらも虫歯の原因となり、虫歯になってしまうと口臭が発生します。
また、妊娠中は歯周病にもかかりやすくなります。これは女性ホルモンの働きが活発になると、女性ホルモンを好むプレボテラ・インターメディアという歯周病菌が増えるためと、妊娠中は全身の血管の内外で水分や物質の行き来が活発になり、少しの刺激で歯茎がはれたり、出血しやすくなるためです。
歯周病菌がたんぱく質を分解する時に腐敗臭が発生し、口臭の原因となります。
虫歯

【対策:口内トラブル】

口がねばねばして唾液の分泌が少ないな、と感じるときは水分補給をしっかりしたり、かみごたえのある野菜や果物をよくかむことで唾液の分泌が活発になります。つわりのときには歯磨きがつらくなりよね。
嘔吐しにくいヘッドの小さい歯ブラシを用意しましょう。磨く時には、下の方を向いて前かがみの体勢で、ハブラシを舌に当てないようにすると嘔吐感を避けやすいそうです。それでも、どうしても磨けない!!というときにはデンタルリンスを使用したり、キシリトールガムで歯の再石灰化を促すのも応急処置ではありますが、ひとつの対策ではあります。
口腔トラブルは早産につながることもあります。余力があるときに早めに歯科を受診しておくのがおすすめです。

【原因2】胃腸トラブルによるもの

食事

妊娠中、とくにつわりのときは食事のリズムが乱れがちです。食べられるものが偏ったり、少しずつを何度にも小分けにしないと食べられなかったりします。
そういった食生活で胃が疲れてしまった時にも口臭が発生しやすくなります。また、妊娠中は腸の働きも弱まって便秘になりやすくなるのですが、便秘もこれまた口臭を発生させます。

【対策:胃腸トラブル】

腸内環境の悪化によって口臭がひどくなる場合があります。特に妊娠中は便秘になりやすいので、腸内環境の改善に取り組むと口臭対策になります。

【原因3】ストレスによるもの

リラックス
ここまで読まれてきて「口臭ってほんとにたくさん原因があるのね…」とげっそりされた方。そのストレスも口臭の原因になります…。ストレスによって交感神経が優位になることで唾液の分泌をさらに減少させてしまうからです。
ちなみにストレスによる口臭はしっかり水分補給をして、穏やかな生活を送ることで解消されます。妊娠中はその穏やかな生活、というのがなかなか難しいわけですが、好きなことをする時間をもうけたり、ゆっくり睡眠をとったりして心身をリセットするのもいいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>