カテゴリー別アーカイブ: カイテキオリゴの特徴

【カイテキオリゴ13】野口医学研究所が認めるオリゴ糖

野口医学研究所は、世界的な医学者「野口英世」の業績を記念し設立された米国財団法人です。その研究所がカイテキオリゴを消費者の健康保持・増進に貢献する品質推奨品として認定されているんです!
またサプリメントなどを患者に提案する病院などでも注目を集め、便秘で悩む方々へオススメされている優れものなのです。また、書籍にカイテキオリゴのすごさが紹介されたり、女性雑誌で特集されることも多いのです。
本当に効果がある本物の健康食品であるということが多くのユーザーの体験によって体験されています。

【カイテキオリゴ12】カイテキオリゴはサッと溶ける!

オリゴ糖の粉末の商品は何社かが発売しているのですが、それぞれ製法が異なるからなのか、飲み物やヨーグルトへの溶け具合がかなり異なります。
質の悪いものになると熱い飲み物に入れてもなかなか溶けず、最後飲み終わったと思ったらコップの底にオリゴ糖が溜まってるなんてことがあります。またヨーグルトなどの混ぜるとザラザラと舌触りが悪く、毎日続けるのが嫌になるものをあるのです。
しかし、カイテキオリゴの素晴らしさは、何にでも「サッと溶ける」ことだと思います。冷たい飲み物でもサッと溶けるのでコップの底に残ってしまうこともなく、ヨーグルトは舌触りを損なうことはありません。
やはり「食べやすさ」、「飲みやすさ」というものは継続するためには非常に重要なものだと思います。そのあたりまで研究されたカイテキオリゴはやはり質の良い商品なのです。

【カイテキオリゴ11】乳酸菌だけじゃ便秘は改善しない?

ヨーグルトなどで乳酸菌を体に取り入れることによって便秘を解消しようとする方法があります。これは、効く人もある程度いますが、かなり悪化してしまった便秘を治すほどではありません。
なぜかと言うと、まず胃酸によって死滅せずに腸内まで届く乳酸菌が少ないということ。また、人の体の仕組みとして、体外から取り入れたものは排泄しようとする働きがあるので、なかなか定着しないということがあげられます。
また、乳酸菌自体の寿命が短いというのも腸内の乳酸菌が増えない理由とも言えるでしょう。だからこそオリゴ糖が必要なのです。カイテキオリゴという選びぬかれた複数のオリゴ糖が、もともとお腹の中にいる善玉菌のエサとなってくれます。
体外から取り入れることも大切ですが、もっと大切なのは既にお腹に善玉菌を元気づけ、増加させることなのです。もちろんヨーグルトなどで乳酸菌を摂ることは無駄なことではありません。必要なことです。
もっと言えば、体外から乳酸菌を摂ることと同時にオリゴ糖で体内の乳酸菌を元気にする両方からの働きかけこそが、スッキリへの道なのです。

【カイテキオリゴ10】カイテキオリゴの可能性

カイテキオリゴが注目されている業界があります。それは介護業界です。実は老人ホームは高齢者達の「便秘問題」が非常に悩みの種になっています。高齢者になればなるほど、お腹の善玉菌が少なくなり、悪玉菌が優勢になってしまいます。それに伴って便秘の問題が出てきてしまいます。そのような経緯で老人ホームで便秘薬や下剤を使うことになり、介護士さん達は便秘薬や下剤の効果によって、さらに下の世話が大変になってしまっています。
そこで高齢者達の腸内環境をサポートするためにカイテキオリゴが注目されているのです。これは家庭で介護する時においても朗報となるでしょう。

【カイテキオリゴ9】犬や猫にも使えますか?

便秘は人間も病気というだけでなく、犬や猫などペットにも使うことが出来ます。新生児でも使えるので当たり前かもしれませんが、実際に愛するペットの為にカイテキオリゴを活用している人達はたくさんいるのです。
ただ、注意が必要なのが人間に比べて体が小さく、体重が少ないので、量を少なくする必要があります。まずは1日1gで試していきましょう。大型犬などは2gでもいいかもしれません。
少量ならいつものエサに混ぜ込んでしまえば、ペット達にもほとんど気づかないと思います。猫ならミルクに混ぜてあげるものいいと思います。
かわいいペットたちの体調をよく観察して、ちょうど良い量を見極めていきましょう。ペット達もお腹がキレイになれば、健康にもとても良い影響があるとことでしょう。

【カイテキオリゴ8】便秘薬と併用出来るの?

便秘で悩む妊婦さんの中には、妊娠中でも飲むことが出来る便秘薬を産婦人科から処方されている人もいると思います。
そのような便秘薬とカイテキオリゴは併用してもいいのでしょうか?もちろん大丈夫です。健康食品なので、薬に影響を与えることはありません。それどころか最初は併用していても、少しずつカイテキオリゴの効果があらわれた頃を見計らって、便秘薬の量や回数を減らしていくなどの工夫をすれば、最後にはカイテキオリゴだけで出来る人も多いようです。

【カイテキオリゴ7】1日どれくらい飲めばいいの?

妊娠すると、健康食品など新しいことを始めるのに不安になることもあると思います。しかし、便秘は治したい。という訳でカイテキオリゴの適量について紹介します。カイテキオリゴを購入すると、軽量スプーンが付いてきます。ちょうど5gは測れるスプーンです。成人の場合は1日このスプーン1杯が目安です。
ただあくまで食品なので制限はありません。自分の体調にピッタリな量を見つけるといいと思います。ちなみにお腹の調子が悪い時などは、ある程度量を減らしたり、飲まない日をつくったりと調整するといいと思います。
あまりに一度にたくさんとり過ぎるとお腹がゴロゴロする場合もあります。また赤ちゃんなどは1gずつから試しながら始めると良いでしょう。

【カイテキオリゴ6】カイテキオリゴの飲み方

カイテキオリゴの飲み方は特に制限はありません。便秘で悩む妊婦さんは、つわりで食べられないもの、飲めないものも増えると思うので、好きなものと一緒に摂ることが出来るのはうれしいですね!
もちろん、そのまま摂っても大丈夫ですが、朝一に水分と共に摂ると効果的なことが多いです。まお茶、牛乳、ココア、ジュースなど、何に混ぜてもOKです。加熱しても大丈夫なので、熱い飲み物に入れても問題ありません。
おすすめなのは、ヨーグルトや乳酸菌飲料などと一緒に撮って、乳酸菌を同時に補給すると効果がアップすると思います。
納豆などの発酵食品にかけて一緒に食べるという人も多く、新しい方法にチャレンジすると楽しんで続けられるかもしれませんね!

【カイテキオリゴ5】1日のカロリーはどのくらい?

妊婦さんが便秘になってツライのは、その症状だけではなく、体重を増やしすぎてはいけないという「体重管理の難しさ」を便秘が妨げてしまうところだと思います。便秘になると代謝も悪くなったり、脂肪がつきやすくなると言われています。出来るだけカロリーの高いものは避けたいところ。
しかしオリゴ糖は砂糖だけど、カロリーが心配。という便秘に悩む妊婦さんが多いのも事実です。うれしいことにカイテキオリゴは普通の白砂糖に比べてカロリーは半分です!しかも1日5gだけ摂ればいいので、カロリーにすると1日たったの11kcalなんです!
体重管理が気になる妊婦さん達もこれなら安心ですね!

【カイテキオリゴ4】カイテキオリゴの「EOS理論」!

以前から単一成分のオリゴ糖の粉末はたくさんありました。しかし、カイテキオリゴはEOS(イオス)理論」に基づき、複数のオリゴ糖を組み合わせることで実感度をパワーアップしたものなのです。
腸内にいる30種類以上のビフィズス菌には、それぞれ「オリゴ糖の好き嫌い」があって、そのビフィズス菌ほぼ全てをまんべんなく活性化させることに成功したオリゴなです。オリゴ糖でキレイなお腹を保ちたいですね!