エルゴベビーの実力を体感

つわりも落ち着いて安定期に入ってくると気になってくるのが出産準備。私の場合、たいていのものはお下がりがあったのですが、あるものだけは自分で納得のいくものを買いたい!と思っていました。
それが今回取り上げた「抱っこひも」というのも、妊娠前に何度か甥っ子のお世話をしていて、抱っこひもがいかに重要かが身にしみていたからです。義姉がつかっていた抱っこひもは、使い始めはいいのですが、時間がたつにつれて肩ひもがくいこんで、つらいのなんの…。
「自分が出産するときは、ちょっと高くてもいいから、使いやすいものを選ぶぞ!」と決意した次第です。

そして行きついたのがこの「抱っこひも界の横綱」ともいうべきメジャー級だっこひも「エルゴベビー・ベビーキャリア」でした(以下エルゴ)

管理人のエルゴベビー体験談

子どもが4人いる管理人ですが、エルゴベビーにはものすごくお世話になっています。そのエルゴベビーの良さの一端を紹介します。

らくらく赤ちゃんだっこの秘密

抱っこひもとしてはちょっとお高いエルゴベビー。それでも多くの方に選ばれているのには理由があります。)
エルゴベビー側面
エルゴベビー背面
エルゴベビーベルト

①腰ベルトとふかふか肩ひもでママの負担を軽減!

腰ベルトのある抱っこひもと、ないものではお母さんが感じる重さがまったく違います!肩と腰で支えるエルゴの抱っこひもなら、赤ちゃんを抱っこして、上の子を連れて公園遊び、なんていうことも簡単にできちゃいます。とくに肩ひもはここまでふかふかなものはほかにないのでは…というくらい充実のクッションぶりです。ぜひ店頭でさわって確かめていただきたいです。

②ぶきっちょさんでも安心。使い方もかんたん!

以前、ベビースリングの購入を検討したものの、不器用な人がへたに使うと大事故につながるおそれがある、と聞きあきらめた私。そんなぶきっちょな私でもスムーズに扱えたのがこのエルゴでした。原理としては、腰ベルトをとめて、腰に出来る布の袋の中に赤ちゃんを入れ、背中のバックルをとめる、そんな感じです。最初は背中のバックルをとめるのがちょっと難しく感じますが、慣れればかんたん!エルゴベビーはごつい作りになっているので、ママだけでなくパパも簡単抱っこができます。
(※ただしパパも使えるということは標準サイズとして大きめにできているということなので、使われるときに肩ひもの位置をきちんと調節することが必要です。ゆるいまま使っていると、赤ちゃんが前の袋から飛び出てしまうことがあるので要注意。)

まだまだあります、エルゴベビーおすすめの理由

らくらく赤ちゃんだっこできるエルゴベビーの魅力をおわかりいただけたでしょうか。でもエルゴの魅力はそれだけではありません。

①ママも安心、頑丈さも折り紙つき

エルゴベビーのバックルは、アメリカの軍隊で使われているものと同じ仕様だそうです。「ぐ、軍隊?」とお思いの方、大事な赤ちゃんを支える抱っこひもとしては頑丈なのが一番です。
実際、赤ちゃんの命綱ともいえる腰ベルトのバックルは締めると本当にガチン!と音がする充実のがっちりぶり。さらに締める前にゴムのベルトに通すようになっているため二重に安心です。

②専用の付属品を使えば、新生児(3.2キロ以上)から使える!

別売りのインファントインサートを使えば、新生児期からたてだっこが可能です。もちろん手は添えていないといけないですが、横抱っこよりはだいぶん楽ちんです。
保育園に預けていた上の娘の迎えにいくときにこれでどれだけ助かったことか。ちなみにネットなどでは「バスタオルでも大丈夫☆」などという猛者の意見も氾濫していますが、まったくお勧めしません。やめたほうがいいです。
(ただしインファントインサートは標準サイズではない赤ちゃんにはうまく適応しないとか、使ってみたら違和感があったという声も多いので、買われる前に一度試してみられた方がよいと思います)

本気で購入を考えるあなたに、フェアに検討事項

今までエルゴベビーをすばらしい!とお伝えしてきましたが、どんなものにも一長一短は必ずあります。なので、ヘビーユーザーとして包み隠さず、エルゴの気になる点もスバっと紹介しちゃいます(今回は私が使っている「オリジナル」ラインの製品について取り上げています)

①持ち歩くときにかさばる

しょうがないんです!あの大きなバックルとふかふかのだっこひもだから!理由はどうあれ、コンパクトに折りたたむことは難しくけっこう思いです。
ただ外出するときにだっこひもを手に持って歩くことなんてほとんどないし、気にしなくてイイヨ☆といいたいところです。

②前向き抱っこはできない。

これは最近新しいライン・スリーシックスティというのが発売されて、解消されました。ただしスリーシックスティ、高いです(2万越え)近所のばあちゃんに「前向き抱っこにしないと赤ちゃんの好奇心が育たない」などといわれていた娘ですが、尋常じゃないほどの好奇心の持ち主に育ちました。
よってこれもあまり気にしなくてよいように思います…。

③おんぶのやり方がけっこうむずかしい。

エルゴの取り扱い説明書を見ながらチャレンジしてみましたが、書かれているとおりにやることがなかなかむずかしく、わたしはあきらめました。しかし独自のおんぶ方法を開発し、いまではおんぶも問題なしです。
ただ、コツがあり少々危険なやり方なので詳細は書きません。しかし私以外に練習したけどおんぶはできないというひとにこれまで出会ったことがないので、大丈夫ではないでしょうか?!
こんなふうに私にとってはベストオブだっこひものエルゴベビー。これからもきっと多くのママを支えてくれることでしょう!とはいえ、身につけるものはひとによって使い心地の合う、合わないがあります。
高価なものですし、ネットでお買い上げ!よりは最寄りのお店で実際に着け心地を試してみられることをおすすめします。

エルゴベビー・ベビーキャリア基本スペック(オリジナルライン)

【対象】4カ月(首が完全にすわって体重5.5Kg以上)から(インファントインサートを併用する場合は新生児(3.2Kg)から対面抱きで使用可能)
【耐荷重】20kg
【材質】外生地、内生地、中綿:綿100%
【サイズ】腰回り約135cmまで
【使用パターン】対面抱き、おんぶ、腰抱き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>