妊娠中はこまめに水分補給

妊娠中は普段以上に水分補給を心がける必要があります。なぜなら、水分を取ることで血液がサラサラになり、胎盤の細かい血管まで血液が行き渡り、赤ちゃんに栄養や酸素がとどくからです。また、妊娠中はホルモンのバランスで便秘になりやすくなるので、水をしっかり取ることで便秘を予防することにもつながったり、脱水症になるのを防ぐなど重要なことがいっぱい。

妊娠中の1日に飲む水分の量と飲み方

妊婦さんが1日に必要とされている量はコップに6杯(1L〜2L)程度が目安です。張り切っていっぺんに飲んでしまうと、胃液が薄まり胃に負担をかけることに。1日に何回かに分けて、喉が渇いたなと感じる前にこまめに飲むようにしましょう。夏場は冷たい飲み物が欲しくなってしまいますが、こおりがたくさん浮いた飲み物は、体を冷やして早産などの危険性が出てきます。飲み物は常温か温かいものが妊婦さんにはオススメです。

水かノンカフェインのお茶

お腹の赤ちゃんのためにも、飲むなら水かノンカフェインのお茶がオススメです。カフェインの入った飲み物は自律神経を刺激して、内臓にも負担がかかってしまいます。いませんかは、ハーブティーなど、ノンカフェインで美味しいお茶がたくさん売っているので、自分の好みのものを探して楽しんでみるといいですね。ジュースやスポーツ飲料はたくさん糖分を取ってしまうことになるので控えましょう。

飲みすぎに注意

妊娠中はむくみが気になるものですが、腎臓が正常な人は適量の水分ならむくみの原因になることはありません。ただ、ガブガブと必要時以上に飲みすぎると、体から排出されず、むくみの原因になってしまうことも。また、飲み過ぎは体を冷やしてしまうため血のめぐりが悪くなり、かえって便秘がひどくなってしまったり、早産や流産の危険性が出てきます。なので、過ぎたるは及ばざるが如し、飲み過ぎにはくれぐれも気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>