放射能の影響を考えた食品の選び方

放射能の問題が日本にある以上、完全にその影響から逃れることは出来ません。ただ、生活の中で少しでも影響から逃れられるように努力することが出来ます。

①食品の産地を選ぶ

スーパーに出回っている食品は、放射能の残留検査をしているので安心と思っていませんか?それは正しいとは言えないかもしれません。なぜなら、狂牛病の時の全頭検査のように、市場に入るすべてのものが検査されていれば、安心して買えるのですが、残念ながら、農地へ行って自治体がスポット的に調べたものが暫定基準値を超えると、出荷停止となるだけです。
検査体制がしっかりと整うまでは、産地を見て選ぶということが大切になってきます。ただ、スーパーに並んでいるもので安心な産地がない場合も出てきます。そういう時は通販がおすすめです。

②放射性物質を取り込みやすい食品を避ける

すべての食品が同じように被曝しているわけでなく、食べ物のよって放射性物質を取り込みやすいものと、取り込みやすいにくいものがあります。たとえば同じ野菜でもトマトは割と安心ですが、ほうれん草は非常に放射性物質を取り込みやすくなっています。

チェルノブイリ原発の事故で放射性物質が降下したベルラーシ在住の方が、研究所の情報をもとに、放射性物質を取り込みにくい野菜や果物の順番を紹介されています。よく学んで、放射性物質を取り込みやすい食品を食べすぎないようにしましょう。

③毒素の排出を促す食品を選ぶ

放射性物質には、生物学的半減期というものがあります。これは私たちの体が汗や尿、便で排出する機能のこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>