放射能の影響を少なくする調理法

放射能は工夫次第で影響を少なくすることが出来ると言われています。

①湯通ししたり、煮たりする

放射性物質は水溶性で水に溶け出す性質があります。なので食品を調理するときのポイントは、湯通ししたり、煮たりすること。そうすることで、水分と一緒に外へ出すことができます。その時に使ったお湯や煮汁は、いい出汁が出ていても危険なので捨てるようにします。

反対に揚げる、炒める、蒸すといった調理方法は食材の中に放射性物質を閉じ込めてしまいがちなので避けます。どうしても食べたい場合は、一度よく湯通ししてから揚げたり、炒めたりすると良いでしょう。

②酢漬けや塩漬けにする

きゅうりを酢漬けにしたところ、放射性物質が90%除去されたというデータがあります。よく水洗いしてから、酢漬けや塩漬けにすると水分と一緒に抜けていきより除去率が高くなります。
同じようにサラダにするときも洗っただけで食べるより、千切りなど細かく切って、塩もみしておいておきます。その後水分をよく絞ってから食べるとより安全に食べることができます。

③乾燥させる

乾燥するときに水分と一緒に、放射性物質が抜けていくので、生鮮食品よりも除去されています。大根や人参など干せる野菜は一度干してよく乾燥させると良いですね。
夏場など温度の高いときは、薄く切って新聞紙の上に重ならないように並べて、車のボンネットの上に置いておくと、あっという間にカラカラに乾燥させることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>