放射能の影響を少なくする食材別調理法

放射能の影響を少なくするための調理法は食材によって異なります。

①野菜

セシウムは水溶性なので、表面についたものは水洗いでかなり落とすことができます。放射能を吸収しやすい葉物などは、茹でてから水にさらすことで、セシウムとヨウ素を50〜80%除去することができます。

②穀物

ストロンチウム90は精米で8割、水でとぐとさらに50%減らすことができます。玄米は放射性物質のことを考えると避けたほうがよさそうですが、一概のはそうとはいえません。
体内に蓄積してしまった放射性物質の排出を考えると、有機栽培の玄米を食べることも大事です。その場合はよく産地を選んで買いましょう。小麦も同じように精製すると、20〜50%除去することができます。

③水産物

煮ると半分ぐらい減少します。煮汁に溶け出すので、飲まずに残すようにします。放射性物質は内臓にたまるので内臓は取り除きましょう。ストロンチウムはカルシウムに似ているため、魚の骨や甲殻類の殻などにたまりやすいので、食べないようにしましょう。

④肉類

酢1:水2の酢水に2日間つけると90%除去できます。焼くより煮たほうが煮汁に溶け出します。特に牛肉は、尿で大量に放射性物質を排泄するので、肉への蓄積はそれほど多くありません。

⑤乳製品

水溶性のセシウムは油をのは移行しないので、バターなどはほぼ大丈夫。チーズも少量の移行ですみます。その分ホエー(生乳)に90%移行されるので、ホエーを使った乳酸飲料やお菓子は避けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>