妊娠中の安心な食品の選び方

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのためにという気持ちが強くなり、食品の安全性が気になり始める方も多いのではないでしょうか。農薬や食品添加物も国の定める基準に沿ったものなら大丈夫と言われていますが、食品添加物や農薬を複数組み合わせてとった場合の安全性については未知数のことが多いのも事実です。
できることなら極力添加物や農薬の摂取を減らす食生活を身につけましょう。

原材料表示をチェック

買い物をするとき、皆さんは原材料表示をチェックしますか?見てみると、小さなお菓子の袋にも書ききれないぐらいの添加物が表示されていて驚くことがあります。
添加物の入っていない食品を探すことはほぼ難しいといってもいいほどの世の中ですが、よくチェックして、できる限り添加物が少ないものを選びましょう。よく知らない名前で、カタカナで書かれているもの、数字で書かれているものなどがそれにあたります。

加工品はできる限り避ける

ハムやちくわ、インスタントラーメンやお惣菜やコンビニ弁当、加工品はとても忙しい私たちにとって役に立つものですが、加工した後の食品の品質を保つためにたくさんの保存料や添加物が入っています。ごくたまにならいいかもしれませんが、できる限り使わないに越したことはありません。

野菜は地産地消、農薬の少ないものを

輸入品よりも国産の方が安全かと言うと、一概には言い切れません。しかし余計な保存料を減らすためにも、地産地消の考え方がいいと言えます。地元でできた新鮮なもの、なおかつできれば減農薬、無農薬のもがいいですね。

手作りに挑戦してみる

できる限り自分で作ってみること。お菓子、パン、惣菜、味噌、野菜など、何にしても時間はかかりますが、自分で原材料がわかってる分、安心していただくことができます。そして、自分で作ったものって美味しいんですよね。

私は4回の妊娠を経験し、できる限り良いものをと家庭菜園を家族でしています。(大体は旦那さんの力ですが…)これが本当に美味しい。味噌や納豆なども作っています。始めると結構楽しく、家族の健康にもいいのではまってます。食の安全を考えるなら、ぜひこれを機に手作りを始めてみませんか?

通販で良質なものを取り寄せる

自分で作るのも大変だし、時間がないから加工品は欠かせない!という方もおられると思います。近くにいい野菜も売っていないという方もおられるでしょう。そういう時は通販で良質なものを取り寄せましょう。スーパーにはないたくさんのいいものを全国から取り寄せることができます。私は妊娠中、どうしてもインスタントラーメンが食べたかったので、いつも無添加のもを取り寄せていました。

良質なものは手間暇がかかっているため、その分やっぱり割高になってしまいます。しかし、その少しのお金で健康と安心を買っているのです。何でもかんでも通販で、となると大変な金額になってしまうこともあるので、自分の気になるものだけ取り寄せてみるのも手です。

調味料などは一回に使う量は少量でも1日を通してみるとたくさん量を摂取していることに驚きます。調味料は少しお金をかけてでも、通販などで良質なものを使うのが安心です。良質な調味料は量が少なくても風味が全然違うので、妊娠中の減塩に大いに役立ちます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>