排出力UPで、体に放射能を溜めない2

腸を整える発酵食品

発酵食品は便秘にも効果的ですが、有害物質を排出する力もバツグンです。発酵食品に含まれる微生物がお腹の中の微生物を増やし、微生物がセシウムを吸着して排出を促してくれます。また、善玉菌を増やし腸に環境も良くなるので、妊婦さんの便秘も解消され免疫力も高まります。

納豆

大豆のままの時よりも妊娠中に大切なビタミンB群が豊富です。消化吸収がよく、血液をサラサラにしてくれる効果もあります。食物繊維も豊富で整腸作用があります。食べごろは作られてから2~3日といわれるので、日付の新しいものを選び、食べきれないものは冷凍保存しましょう。

漬物

様々な漬物がありますが、毎日取りたいのは発酵させた漬物です。発酵している漬物の種類は「漬物はどれも発酵食品?」にかかれているので参考にしてください。市販のものには保存料や甘味料添加物、着色料が多く含まれているものがあるので注意して選びましょう。また、妊娠中は塩分のとりすぎになるので食べ過ぎには注意してくださいね。

みそ

特に「赤みそ」と言われる豆と塩だけで作られたみそは免疫力を大いに高めてくれます。原爆が落とされた長崎の病院で毎日みそ汁を食べていたら、原爆症にならなかったという話もあるほど、高い排出力のある食品です。しかし、スーパーには添加物も多く短時間で作り、ちゃんと発酵していないものが多く出回っています。「美味しいみその選び方」を参考にして本物のみそを選ぶようにしましょう。

酵母や麹の微生物の働きを利用して作られているので、酵素が豊富に含まれています。また発酵によりビタミン、ミネラル、アミノ酸が増え、それが体の免疫力をあげ、放射線によって切断されたDNAを補修する働きを持っています。最近は合成酢酸やアルコールを主原料として、短期間できちんと発酵させずに作ったものが出回っています。原材料をよく見て、穀物や果実からできた醸造酢で、余計なものの入ってないものを選ぶようにしましょう。

本物でなければ意味が無い

発酵食品はここにあげたもののほか、醤油やみりんなど様々なものがありますが、どれも本物でなければ意味がありません。添加物を多く入れ工業的に作られた食品は排出力を高めるどころか、反対に体の負担となり免疫力を下げてしまいます。しっかり選ぶようにしましょう。

関連記事/
排出力UPで、体に放射能を溜めない1
放射能対策食材 まごわやさしい
妊娠中の放射能と食べ物について
放射能の影響を考えた食品の選び方
放射能の影響を少なくする調理法
放射能の影響を少なくする食材別調理法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>