漬物の生きたまま腸に届く乳酸菌

漬物

漬物には様々な種類がありますが、世界中をみても、日本ほど沢山の種類の漬物を作っている国はまずありません。漬物は昔からご飯のお供に欠かせないものですが、最近の子供達は食生活が洋風になってきて、和食が減ってきたことから、漬物を昔ほど食べることもなくなってきたのではないでしょうか。

我が家でも漬物というとしょっぱいイメージがあって食べることはなかったのですが、長野県に引っ越してきてから、たくさんタクアンや野沢菜漬けをいただくようになり、その美味しさに目覚めて、今では子供達も毎朝漬物を食べています。長野県といえば長寿県で有名ですが、その一端を担っているのがもしかしたら漬物かもしれません。昔から食べられてきた漬物には、今の便秘に悩む現代人にとっても有益な素晴らしい発酵パワーが込められているのです。

漬物の植物性乳酸菌

漬物を発酵させる有用菌はいくつかありますが、その代表的なものが、植物性乳酸菌です。植物性というと動物性もあるのかというと、ヨーグルトなどの乳製品に含まれるものが動物性乳酸菌です。

動物性の乳酸菌は一定の温度や環境のもとでしか発酵しないデリケートな菌です。それに対して植物性乳酸菌は、低温で塩分濃度が高く、他の微生物が混入するような過酷な環境でも発酵することができます。つまり、菌としてとても強いのです。

動物性の乳酸菌は酸に弱く、酸性の胃の中で多くが死んでしまいます。しかし、過酷な環境に強い植物性乳酸菌は、強度の酸性の胃をくぐりぬけ、生きて腸までたどり着きます。そして、腸内にたどり着くと乳酸を発生して弱酸性の環境を作り、腸の動きをよく、悪玉菌をやっつけてくれます。
そして、善玉菌の繁殖を促し、腸内環境をとてもいい状態に整えてくれるので、お腹がスッキリするわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>