ストレスフルな妊婦さんに味噌

妊娠中は何かとストレスがかかるものです。私の場合、体重制限が妊娠全期にわたりストレスでした。その他にもつわりや、思うように体が動かないこと、赤ちゃんの発育状態など、いくらでもストレスはあります。
少しのストレスなら体にとってはいいのですが、ストレスが溜まり過ぎると、様々な身体症状を引き起こす言われています。妊娠中の過度のストレスは、流産や早産にもつながりかねません。

ストレスを緩和するコルチゾール

実はストレス感じる時に、それを緩和させるために体内で分泌されるホルモンがあります。これは副腎から分泌される「コルチゾール」というホルモンなのですが、これは「抗ストレスホルモン」とも言われています。
コルチゾールはストレスを緩和させるだけでなく、他にもタンパク質を使って身体を修復、回復させたり、炎症を抑えたりなど、様々な働きをしています。天然のステロイドと言われるほどです。

しかし、ストレスを感じ続け、いつまでもコルチゾールを分泌され続けるとステロイドと同じようにだんだん効かなくなってきます。すると、天然のステロイドの役割は果たせなくなり、様々な肉体的、精神的不調がでてきます。

抗ストレス作用のあるギャバ

そうならないためにはストレスをため続けるのではなく、リラックスして、コルチゾールを多用しない状況を作ることが大切です。味噌や納豆などの発酵食品には、抗ストレス作用のあるGABA(ギャバ)が含まれています。
GABAは、植物や動物、人の体内に存在する天然アミノ酸の一つで、興奮系の神経伝達物質を抑えて、リラックス効果をもたらして、ストレス過多による緊張状態を解くのを助けてくれます。お味噌汁を飲むとホッとするのは、GABAの力かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>