発酵効果が高まる食べ方

発酵食品は妊婦さんの便秘や、お腹の赤ちゃんの健康にとてもありがたいものです。発酵食品の発酵パワーを十二分に発揮させるための食べ方をご紹介します。

発酵効果が高まる食べ方のポイント

発酵効果が高まる食べ方のポイントを5つに分けてみました。ぜひ試してみて下さい!

1.毎日続けて食べる

菌が腸内で働き続けられるのは3〜4日と言われています。1日のうち一食は漬物や味噌汁をそえる、ヨーグルトやチーズなどを間食で食べるなどして、毎日欠かさず食べるようにしましょう。

2.複数の発酵食品を組み合わせる

発酵食品には実に様々な種類があります。単品で食べるより、複数の発酵食品を組み合わせた方が、より多くのちがった菌を取ることができるので効果もアップ!キムチと納豆のように味も相性が良く、栄養効果も高まる組合わせもあります。みそとヨーグルトを混ぜてドレッシングにするなど工夫して、より効果的に菌を取り入れましょう。

3.生のまま食べる

発酵食品をを加熱せずに食べると、生きた菌や酵素をそのまま摂ることができます。熱に強い納豆菌など例外はありますが、一般的に40度を超えると微生物は死に、60度を超えると酵素は活性を失います。

4.おいしいうちに食べきる

菌が生きている発酵食品は、食品になってからもどんどん発酵が進み、色や風味が変わります。同時に雑菌も繁殖しやすくなることもあるので、賞味期限を守って、早めに食べ切りましょう。

5.食べ過ぎに注意

チーズ、味噌、漬物、塩麹など、塩分が高い発酵食品は、妊娠期は特に食べ過ぎに注意が必要です。これらは強い旨みがあり、後をひくのでつい食べ過ぎてしまいがち。少しずつ野菜や豆腐などと組み合わせて食べるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>