冷え症だと出産がツライ?

冷え症

女性は冷え症になりやすいと言われています。そして妊娠中はホルモンバランスの崩れから冷え症が悪化する場合が多いのです。
症状は様々で、上半身は大丈夫なのに下半身が冷えるなどの症状もあります。この妊娠中の冷え症は「妊娠中だからしょうがない」と簡単に考えてよいものではありません。
実は冷え症だと、出産の時に腰や足などの筋肉が固く、緊張しているので、出産がスムーズに行われないという大きなデメリットがあるのです。もちろん個人差がありますが、長引く出産は母体にも赤ちゃんにも良いものではありません。
それだけでなく、冷え症は他にも様々な健康的なトラブルの引き金になってしまうのです。

妊娠中の冷え症による便秘

冷え症ということは体の血行が悪いということです。血行が悪いことによって手足が冷えたりしますが、手足だけの問題ではなく内蔵への血液のめぐりが悪くなってしまうのです。
それによって腸の働きは悪くなり、便秘になってしまうのです。ホルモンバランスの崩れ、つわりに食生活の変化、冷え症、とにかく妊婦さんは便秘になるような原因を多数抱え込んでしまっているのです。しかもそれぞれが深く関連しあっているので、簡単に解消出来ないところがあります。

妊婦さんにはあわない便秘対策

便秘対策として、よく「朝一番で冷たい牛乳を飲んで刺激する」、「食物繊維をとるために生サラダを毎日食べる」、「スムージーで食物繊維とビタミン、酵素をとる」などなど様々な便秘対策が語られていますが、妊婦さんの場合は通常の状態とは異なるので、それらの便秘対策も気をつける必要があります。
上の3つの例えは、どれも方法によっては体を冷やし、冷え症を悪化させる可能性があるのです。冷え症が悪化すれば便秘も改善されません。
もちろん生サラダやスムージーも常温でとったり、ショウガなどの体を温める食材を活用すればいいのかもしれません。
便秘対策は山ほどあって、その中に妊婦さんにはあわないものががあるので、自分の試そうとしていることが本当に大丈夫かどうか調べてから取り組むといいでしょう。

生姜湯+オリゴ糖

生姜湯+オリゴ糖

妊婦さんの便秘と冷え症は深く関係しているので、同時に対策出来るととてもいいと思います。
冷え症対策として、「生姜湯(生姜ドリンク)」は有名ですよね!お腹の中から、体の中から体を温めることがとても大切ですね。
そして、さらに便秘の為にオリゴ糖を生姜湯に入れると善玉菌のケアも出来るのです。実際に生姜湯にオリゴ糖を既にブレンドした商品もあるくらいなのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>