妊娠中になりやすい貧血

妊娠中は多くの人が貧血のなりやすくなります。これは妊婦さんは赤ちゃんを成長させるために血液量が増えますが、他の血液成分に比べて赤血球の作られるスピードが追いつかなくなるためです。もともと女性は毎月の生理で貧血気味の人が多いので、妊娠のために急激に鉄分が必要になると、ストックがなくなって貧血が起きやすくなります。

妊婦健診で早期発見を

貧血かどうかは血液検査のヘモグロビン濃度で判定します。妊娠中はこの値が11g/dlみ未満だと貧血で、9g/dl未満で重症と判断されます。軽い貧血の場合は自覚症状がありませんがひどくなると肌や爪が青白くなったりします。

妊婦さんと胎児への影響

お腹の赤ちゃんへの栄養は血液によって送られています。重度の貧血になると運ばれる栄養が足りなくなってしまうため、低体重出生児になる可能性が出てきます。また出産時は血圧が低くなりやすいため出血量が増えてしまい、ひどい場合は気を失ったり、輸血が必要になることも。

その結果産後の回復が遅れます。また、母乳は血液から作られるため、母乳不足に悩まされることにもなりかねません。無事に出産し子育てをスムーズに行えるように、貧血をしっかりと直しておきましょう。

鉄を多く含む食事をとりましょう

貧血の予防と治療は鉄分の摂取が第一です。鉄を多く含む食品はカキやアサリなどの貝類やカツオや牛もも肉などの魚や肉類、ほうれん草や春菊などの青菜類、豆腐や納豆などの豆類、ひじきや切り干し大根などの乾物です。レバーはダントツの鉄含有量ですが、妊娠中とりすぎに気をつけなければならないビタミンAを多く含んでいます。

また、レバーは肝臓なので有害物質が蓄積されやすい部位なので、食べ過ぎないようにしましょう。またひじきもヒ素が含まれるのでとりすぎには気をつけましょう。鉄分はビタミンCやビタミンB12、葉酸などのビタミン類と一緒に摂ると吸収力がアップします。

重度の場合や改善が見られない場合には鉄剤を服用することになります。鉄剤は胃が荒れたり、気分が悪くなったり、便秘になったりなどの副作用があるため、できるだけ食事に気をつけて鉄分を多く含む食品を日頃から意識してとるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>