妊娠中の腰痛

妊娠中の腰痛

妊婦さんの多くが経験する腰痛。「おなかも大きくなって腰に負担もかかりやすくなるからしょうがないよね」と思っていたら、まだつわりも終わってないのに、腰が痛い!!なんてことありませんか。そもそも妊娠中の腰痛、どうして起こるのでしょうか?

女性ホルモン「リラキシン」の働き

「リラキシン」なんだかリラックス、のような名前のホルモンですね。ですがこのさわやかな名前のホルモンが腰痛の原因だったりします…。
このホルモンには靭帯を緩める働きがあり、出産の際赤ちゃんが通るために骨盤を開きやすくします。つまりお産に必要なありがたいホルモンなのですが、このホルモンの働きで骨盤周りの筋肉がゆるむことで支えが不安定になってしまいます。そして、ゆるんだ骨盤をお尻や腰の別の筋肉が支えようとして負荷がかかり、血行が悪くなることから腰痛が引き起こされます。
また、この「リラキシン」は妊娠3カ月ごろから分泌が増え始めるため、おなかはそんなに大きくなっていないのに腰が痛い!という事態が起こるわけです。

大きなおなかを支えるための姿勢の変化

以前、臨月にさしかかった自分の姿を見た主人が「横から見たらそりかえって英語の『D』みたいだね…」とつぶやいていました。
私だけでなく、妊娠後期の妊婦さんはみんな大きなおなかをささえるためにそりかえってフーフー歩いています。妊娠後期の腰痛は、おなかが大きくなることで重心が変化し、背中の筋肉に負担がかかったり、間接への負荷が強まることによって引き起こされます。

腰痛を楽にしたい!!対策

妊娠中の腰痛は出産に必要な体の変化が引き起こすものなので、妊娠中に完治!!というのは難しいと思いますが、日常生活で気をつけるポイントをおさえることで症状をやわらげることは可能です。
大切なことは適度に体を動かして血行不良を改善すること、妊娠後期は思いおなかを支えるために姿勢が悪くなりがちなので、正しい姿勢を心掛けることです。

なるべく前傾姿勢になる時間を減らす

前傾姿勢
以前、臨月にさしかかった自分の姿を見た主人が「横から見たらそりかえって英語の『D』みたいだね…」とつぶやいていました。私だけでなく、妊娠後期の妊婦さんはみんな大きなおなかをささえるためにそりかえってフーフー歩いています。
妊娠後期の腰痛は、おなかが大きくなることで重心が変化し、背中の筋肉に負担がかかったり、間接への負荷が強まることによって引き起こされます。

マタニティヨガやストレッチを行う

ストレッチ

適度な運動で腰を支える筋肉の血流をよくすると、疲労がたまりにくくなります。
もちろん妊娠中なので激しいストレッチは出来ないですが、ゆっくり、リラックス出来るような軽いストレッチがおすすめです。

骨盤サポートベルトなどを使用する

骨盤サポートベルトは、使用方法を誤ると腰痛を悪化させることもあるので、自分に合ったものを選び、正しい使用方法を守ることが大切だそうです。

下半身を冷やさないようにする

血行をよくするために大切なことですね。お風呂はシャワーだけでなくできるだけ湯船につかるようにする、便秘がある場合には改善するようにする、というのも有効です。

腰痛と生活習慣

妊娠中の腰痛の程度は、妊娠前の腰の状態や生活習慣によっても左右されるそうです。なので、妊娠前にしっかり体を動かし、血行の良い体づくりを心掛けることで、快適妊娠ライフを送れるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>