妊娠中の便秘薬マグミットの副作用

マグミット
マグミットは妊婦さんに処方される便秘薬です。妊婦さんの多くが、便秘を経験します。すると産婦人科では、マグミットと言う便秘薬を処方することが多いようです。便秘の時は、便が固くなりがちですがマグミットによって便が水分を含むことが出来るので、スムーズに排便しやすくなります。
また妊娠中は切れ痔になることも多く、そういう意味でもとても役立つ便秘薬です。しかも妊娠中でも授乳中でも飲める副作用の少ない薬なので、即効性はないのですが、たくさんの妊婦さんを便秘の苦しみから救っています。
ただ、あくまで副作用が少ないだけであって、「副作用がない」訳ではないので、自然な方法で便秘を解消できるならマグミット言えど、使わないにこしたことはないのです。時には副作用によって下痢になる妊婦さんもいます。
妊婦さんにとって便秘よりも下痢の方が要注意で流産につなげってしまう可能性がなくはないのです。

マグミットもクセになる!?

また、もう一つの問題があり、マグミットで便秘解消しても、マグミットをやめてしまえば、再び便秘になることがほとんどです。するとやはりもう一度マグミットを服用する必要が出てきてしまいます。
要するにマグミットは便秘に悩む妊婦さんにとって、とても効果的で、副作用の可能性も低い良い薬なのですが、「根本的な便秘解消は出来ない」のです!
もっと言えばマグミットがなければ排便出来ない、マグミットに対する依存状態になってしまうのです。

便秘の「根本的解決」をするには?

便秘を解消するためには「根本的解決」である腸内環境の改善が必要です。
便秘になるとお腹の善玉菌は元気がなく、しっかり働いてくれません。しかも数がドンドン減っていき、逆に悪玉菌が増えてしまうのです。
そうなると腸内環境は日増しに悪化し、頑固な便秘へと悪化してしまいます。
ではどうしたら妊婦さんが腸内環境の改善が出来るのでしょうか?そのカギを握るのは、「毎日オリゴ糖を摂る」ことなのです。

便秘の「根本的解決」をするには?

オリゴ糖は善玉菌のエサ
オリゴ糖は善玉菌のエサになります。そのエサを食べて善玉菌はお腹の中で活発になるように働きかけてくれるのです!善玉菌が悪玉菌を圧倒すれば、お腹はスッキリです。オリゴ糖は本当に強い味方なのです。

管理人のオリゴ糖体験談

当サイトの管理人も妊娠中にマグミットを処方されていました。しかし、少し症状が改善されるだけで、なかなか良くならず、でもマグミットをやめればヒドイ便秘に戻ってしまう。という状態でした。
そこでカイテキオリゴを活用することにしたのです!
結果、定期的に良いペースになってきて、もちろんマグミットもやめることが出来ました!
私のオリゴ糖体験談はこちらのページで紹介しています。↓

>>管理人のカイテキオリゴ体験談!

便秘の状態で出産すると赤ちゃんも便秘に?

マグミットで便秘の症状を軽くしても、根本的な解決である腸内環境の改善が出来ないので、腸内は悪玉菌が優勢な状態なのです。
そして、そのまま出産するということは、お母さんの腸内細菌を受け継ぐ赤ちゃんはその悪玉菌を受け継ぐということです。
するとどうしても赤ちゃんも便秘になりやすくなってしまうのです。このページに詳しく書いてあります。↓

>>ホント?便秘ママの子は便秘っ子!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>