妊娠中の体重管理におからがいい!

妊娠中の体重管理が大切だとわかっていても、カロリーの高いものも食べたくなるし、お腹いっぱいに食べたいって思いますよね。そんな妊婦さんたちの切なる願いを叶えつつ、なおかつ体重管理もしっかりでき、しかも妊娠中に必要な栄養がしっかり取れる魔法のような食材があるんです!それは、おからです。

おからを料理に混ぜるだけ

おから料理というと、卯の花しか浮かんでこないという人も多いのでは。おからの便利なところは、それだけでも食べても美味しいのですが、いろいろな料理に混ぜ込んで食べても美味しいということです。カレーやチャーハンってカロリーが高いし、妊娠中はお腹いっぱい食べるのを我慢している人はいませんか。

そんな時はおからを混ぜて作るでけでカロリーをダウンさせることができます。しかもおからは水分を吸って膨らむので腹持ちがよく、同じ量食べても満腹感を味わうことができます。ハンバーグやポテトサラダ、ケーキやクッキーにも混ぜるだけで罪悪感なく食べることができますよ。

脂肪の吸収を抑える

おからの成分は大部分が不溶性の食物繊維でできています。この食物繊維は水溶性のものと違い水に溶けないので、胃腸の中で溶けず、水分を吸収して量が増え大腸の内部の流れをよくします。そうすると、便の移動が早まり脂肪の吸収を抑える効果があるため、脂肪がつきにくくなります。油を使うような料理に一緒に混ぜて料理するといいですね。

低カロリー高たんぱく質

おからは100gでエネルギーが111カロリーのしかありません。なので、高カロリーな食事に混ぜると、簡単にカロリーダウンすることができます。しかも、カロリーは低いのに高たんぱく質。豆乳をしぼった後にも、良質な大豆たんぱく質がたっぷりと含まれています。

妊婦さんの健康と、お腹の赤ちゃんの体づくりに必要なたんぱく質。お菓子などからたんぱく質をとるのってちょっと難しいですが、ケーキにおからを混ぜ込めばカロリーをダウンしながら間食でもたんぱく質をとることができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>