妊娠中のお肌のケアに、おからがいい!

妊娠中は何かと肌トラブルが多いですよね。便秘になっていればなおさら体の中に老廃物がとどまり、肌荒れや吹き出物の原因に。そんな時はぜひおからの力をかりましょう。

イソフラボンで美肌に

おからの食物繊維は妊娠中の便秘をスッキリさせて、お肌をキレイにするのを助けてくれます。おからには食物繊維の他にも、イソフラボンが含ま多く含まれています。このイソフラボン、女性ホルモンにとてもよく似ているので、更年期障害や骨粗鬆症にいいのですが、直接肌に塗れば、シミの原因であるメラニン色素の生成を防ぎ、シミをできにきにくくする効果が認められているのです。また、美白や保湿にも役立ちます。

おからでマッサージ

おからマッサージをする方法は簡単。①カップ6分目程度のおからを丸めて、ゴルフボールのようにする。②①をガーゼに包み、てるてる坊主のようにゴムで止める。水分が足りないようなら、水を少し加える。③ポンポンと優しくたたくようにお肌をマッサージする。

お風呂上がりと朝の洗顔の後に行うのがオススメです。肌がしっとりしてすぐに違いがわかりますよ。続けると、シミが薄くなった、小じわが浅くなってきたという人もいるようです。

お風呂の入浴剤にも

昔の人もおからの美肌効果を知っていたので、丸めたおからで肌をこすってお手入れしていたそうです。食品なので、妊娠中も安心して使えるのがうれしいですね。お風呂に入れると、全身をケアすることもできます。

カップ1杯ほどのおからを丸めてガーゼで包み、てるてる坊主を作ります。それをお風呂の中でもみ出すだけです。それを使って、お風呂の中でおからマッサージをしてもいいですね。お肌が柔らかくなりますよ。匂いが気になる人は上がり湯をするといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>