妊娠高血圧症候群の予防におから

妊娠高血圧症候群の予防は、第一に何と言っても体重管理です。体重管理がきちんとできれば、妊娠高血圧症候群が発症する可能性は低くなります。

おからで体重をコントロール

でも、妊娠中の食欲を抑えながらの体重管理は本当に大変。真面目にやろうとすればするほどの辛くて、涙したことも。でも、おからがあれば、それもグンと楽になります。

おからの食物繊維で便秘が解消できると代謝が良くなります。また、脂肪の吸収を抑えてくれてるので、太りにくい環境を整えてくれます。妊娠高血圧症候群のところで、予防に食べる順番に気をつけることについて話しましたが、おからを最初の方に食べると食物繊維が豊富なので、血糖値の急な上昇を抑え、脂肪を溜め込みにくくしてくれます。

血圧を下げる効果

妊娠高血圧症候群は、その名の通り血圧が高くなる病気です。それを防ぐためにもおからが役に立ちますよ。おからには血管内をきれいにしたり、血圧を下げる働きがあります。おからクッキーが流行った時にダイエット目的で食べていたら、気がついたら便秘と高血圧も改善されていたという話も。

おからクッキーの他におから茶もオススメです。作り方は簡単。おから500gをフッ素加工のフライパンでサラサラになるまでよく混ぜながら20分ほどいります。キツネ色になったら湿気ないように密閉容器に保存します。大さじ1杯を茶こしでこせば、一回分のお茶ができます。煮出しても大丈夫です。おからの味に左右されるので、新鮮なおからを使う方がいいです。

妊娠糖尿病にも

おからを食べることで妊娠糖尿病の予防にもなります。妊娠糖尿病は妊娠高血圧症候群と一緒で、多重が急激に増加して太りすぎてしまうと発症のリスクが上がります。なのでここでも体重管理におからが役に立つわけです。また糖尿病は膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが効かなくなる病気です。

糖分や炭水化物は血糖値を急激に上昇させ、それを下げるために大量のインスリンが必要になり、使いすぎてだんだん効かなくなってしまいます。おからは食物繊維が豊富なので、炭水化物などを食べる前におからを食べれば、血糖値を抑えることができます。チャーハンなどの炭水化物メニューにおからを加えるのもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>