妊娠中の便秘にオリーブオイル

オリーブオイル

便秘を悪化させてしまうものの一つはリノール酸です。リノール酸はサラダ油に多く含まれていまれ、非常に酸化しやすく、その酸化した油が腸内の悪玉菌大好物となって便秘を悪化させてしまうのです。

しかし、オリーブオイルはリノール酸ではなく、オレイン酸からできており、オレイン酸は酸化しにくい特徴があります。なので、毎日の食生活がリノール酸からオレイン酸に変わるだけでも、お腹には嬉しいことなのです。

また、オリーブオイルは小腸で吸収されにくく、ある程度の量(大さじ一杯くらい)を飲むと腸内の滑りをよくしてくれ便がでやすくなります。また、腸を刺激してぜん動運動を活発にしてくれる効果があるのです。

関連記事/妊娠中の便秘にオリーブオイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA