妊娠中の便秘に玄米

玄米

妊娠中の便秘になって、便秘を治すために玄米に変えたって言う妊婦さんは結構います。やはり毎日食べる主食なので、無理せず続けられるというところが魅力ですね。

玄米は完全食?

完全食と言われる玄米。健康を保つ上で驚くほどのパワーを秘めている食品ですが、妊娠中の便秘にも効果抜群。豊富な食物繊維がお腹の中腸内環境をしっかり整えてくれます。食物繊維の含有量は白米の5〜6倍。玄米は籾殻だけをとって糠層を残すため、食物繊維とともに多くの栄養成分が残っています。

赤ちゃんの正常な発育を促し、流産を予防するビタミンB1やB2が白米の5〜6倍。貧血を予防する鉄分は2倍近く入っています。また、鉄やマグネシウムなどのミネラルもたっぷりと含まれている優れもの。

白米に比べて固いので「よく噛む」クセもつけることが出来ます。よく噛むことによって白米を飲むように食べて血糖値を上げてしまう、なんてことにはなりません。

また、少し注意点なのですが、玄米の食物繊維は不溶性食物繊維がメインなので、水分不足になると逆に便秘が悪化させてしまうので、よく水分を摂りましょう。と言っても妊婦さんが冷たい飲み物をドンドン飲んで体を冷やしてる場合ではないので、玄米を食べる時は汁物をつけて、自然に水分を摂るといいでしょう。

発芽玄米でさらに栄養価アップ!

玄米を水に浸して0.5〜1mmほどの芽が出た状態にした発芽玄米は発芽時の酵素の働きで玄米よりも皿の栄養価がアップ。味も消化も良くなっているのが特徴です。

食べるときは圧力釜で炊いたほうが糠層の消化が良くなり、もちもちして美味しいのですが、私の場合すごく美味しすぎたのと、餅のように玄米同士がギュッとひっついているので、ついつい食べ過ぎてしまうことが。妊娠中は体重管理も必要なので、食べ過ぎには注意してくださいね。普通の炊飯器で炊いてもおいしく食べられます。

あと贅沢を言うなら無農薬の玄米がいいでしょう。今ではネットで無農薬の玄米を購入することが出来るので、妊娠期間は特別!と無農薬の玄米を食べて、お腹をキレイにして出産に臨むのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>