妊娠中の便秘にきのこ

きのこの大部分は食物繊維でできています。きのこの多くに含まれる食物繊維は不溶性食物繊維で、腸内で水分を吸収してかさを増し便の量を増やして妊娠中の便秘を解消するのを助けてくれます。また、腸の働きを活発にしてくれるので便秘再発予防にも。

日干しにすると妊娠中に必要なカルシウムの吸収に欠かせないビタミンDが増えます。またきのこに含まれる食物繊維の一種のグルカン類には、がん細胞の増殖を防ぐ働きがあります。

妊娠中の体重管理に嬉しいのが、きのこは低カロリーであるということ。その上、脂質の代謝を促すビタミンB2が豊富なので、脂肪が体に溜まりにくくなり効果もあります。また、旨味と香りが強いため、料理に上手に使うと調味料が少なめで済むので減塩効果も。その場合は数種類のきのこを組み合わせると、より香りや旨味が複雑になりおいしくなります。

麺ややご飯など、太りやすい炭水化物をとりすぎてしまわないように、低カロリーのきのこでおいしくカサ増しができます。また、冷凍庫に保存しておくと栄養価が増すので、何種類かのきのこを袋に入れて冷凍きのこミックスを常備しておくと、凍ったまま気軽に料理に入れて食物繊維をとることができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>