妊娠中太り過ぎに気をつけて

妊娠中はホルモンのバランスが変わり、通常の時よりも太りやすくなります。便秘によって体重が増えてしまう場合も多いと思います。また、当然ですが、赤ちゃんや胎盤や羊水のぶん体重は増えます。しかし妊娠中の適度な体重増加は、妊娠前の体重にもよりますが、9〜12kgと言われています。妊娠中の体重管理はとても大切です。

妊娠中の太り過ぎはいろいろなリスクが増加します。

適度な増加を超えた太り過ぎは妊娠中だけでなく出産時や産後においてもいろいろなリスク要因を作ることになります。ある程度の増加は自然ですが、ほどほどに抑えるようにコントロールしていきましょう。

妊娠中の太り過ぎの危険リスク

・妊娠高血圧症候群のリスクが高まる
・妊娠糖尿病のリスクが高まる
・腰痛やむくみがひどくなりやすい
・疲れやすい
・妊娠線ができやすい

出産時の太り過ぎの危険リスク

・皮下脂肪で産道が狭くなる
・微弱陣痛になりやすい
・児頭回旋異常が起こりやすい
(赤ちゃんは産道の形に合わせて頭の向きを変えながら出てきますが、その頭の回旋が上手くいかなくなること)
・結果的にお産が長引き難産になる
・出産後に弛緩出血を起こしやすい
(子宮が収縮せず弛緩して、出血が止まらないこと)

産後の太り過ぎのリスク

・会陰切開や会陰裂傷の傷が治りにくい
・体重や体型が元に戻りにくい

関連記事/
妊娠中のダイエットの危険性
発酵食品で上手に体重管理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>