腸内環境、腸内細菌とは?

便秘について語られる時に腸内環境と言う言葉が必ずと言っていいほど出てくると思います。なぜなら腸内環境が悪化した状態が便秘の状態だからです。妊娠中は便秘になるなど、この腸内環境が非常に悪化しやすい状態になります。

腸内環境の意味

では腸内環境と言う言葉はどのような意味で使われているのでしょうか?
腸内にはたくさんの腸内細菌が住んでいます。その腸内細菌のバランスのことを腸内環境と言う言葉で表現されているのです。

ちなみに腸内細菌は、善玉菌、日和見菌、悪玉菌で構成されているのですが、この3つの腸内細菌のバランスが良い状態を「腸内環境が良い」と言われ、バランスが崩れると「腸内環境が悪い」と言われてます。

腸内環境が良い

腸内環境が良いと言われる腸内細菌のバランスは、善玉菌20%:日和見菌70%:悪玉菌10%と言われています。この状態だと、便の色、形、かたさ、などが良くなり、排便時間も短く、便秘とは無縁の生活をすることが出来ます。

腸内環境が悪い

妊婦さんのようの腸内細菌のバランスが崩れてしまうと、善玉菌が減ってしまい、悪玉菌が増えていきます。すると、お腹の中の便は腐敗し、固く、ニオイのキツイ便になり、毎日スッキリと排便が出来ない状態になってしまいます。この時、悪玉菌の働きによって腐敗ガスが排出され、おならのニオイもキツくなり、腐敗ガス言うなれば有害ガスが血管を通して体中を駆け巡り、肌トラブルからはじまり、様々な病気の元になってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>